清武町

800px-Kiyotake_Town_Office_2009

宮崎県の南東部にあり、町中心部は清武川の沖積平野にある。

町域は東南北から宮崎市に挟みこまれるような形となっており、宮崎市のベッドタウンとして発展しつづけている。
南部は鰐塚山地がひろがる。

近年発展の中心は加納地区となっていて、典型的な近郊型中規模小売店がおおい。
2006年に田野町が宮崎市に編入されたことで三方を宮崎市にかこまれる構図となり、2009年には北郷町が合併により(新)日南市の一部となる。
21世紀初頭の段階においては北・東に宮崎市、西に田野町、南に北郷町がそれぞれ隣接していた。豊中市 吹田市 高槻市 茨木市 箕面市 池田市 摂津市の水漏れの修理

田野町、北郷町については清武町が村として成立した1891年時で清武町と隣接していた。

宮崎市(2005年以前の市域)については、1891年時点では生目村および大淀村、赤江村、木花村が隣接自治体であり、そのときの宮崎町(現在の宮崎市中心市街地にあたる地域)は清武村に隣接していなかった。豊中市 高槻市 吹田市 摂津市 茨木市 箕面市 池田市のトイレつまり

It is on the southeast part of Miyazaki Prefecture, and a streets heart part is in the alluvial plain of the Kiyotake river.
serves as a form which inserts into Miyazaki and is crowded from southeast north, and is continuing developing as a bedroom suburb in Miyazaki.
In a southern part, the Mt. Wanitsuka place spreads.
The center of development serves as the Kano area and a typical suburbs type middle-scale retail store is a cover in recent years.
It becomes the composition surrounded by Miyazaki in Mikata by what Tano-cho was included by Miyazaki for in 2006, and Kitago-cho will be a part of Nichinan (new) by merger in 2009.
In the stage in the early 21st century, Kitago-cho adjoined Miyazaki in north and the east, and adjoined west in Tano-cho and the south, respectively.
About Tano-cho and Kitago-cho, Kiyotake-cho adjoined Kiyotake-cho in o’clock in 1891 materialized as a village.
About Miyazaki (2005 previous city region), as of 1891, a raw-weight village, Oyodo-mura, red Emura, and Kibana-mura are adjoining self-governing bodies, and Miyazaki-cho at that time (area which hits the present Miyazaki center city area) did not adjoin Kiyotake-mura.